TOKYO BOEKI GROUP
/EN
MENU

CORPORATE HISTORY

※旧:東京貿易エンジニアリング株式会社について(旧:TEN)と記載

1947年東京貿易株式会社の前身である株式会社東京貿易商会を故松宮康夫が設立
1955年米国Chiksan社からチクサンジョイント、ローディングアームの総代理権を取得して石油・電力・ガス業界への販売をスタートさせる
1959年米国Chiksan社と株式会社新潟鐵工所との技術提携を成功させ、スイベルジョイント、ローディングアームの国内生産を開始する
1968年国内初号機となる海上用LNGローディングアームを納入
1973年世界最大(当時)の24Bローディングアームを納入
国内外において累計1000基のローディングアームを納入
1987年オーストラリア向け、世界最大(当時)のLNGローディングアームを納入
1988年16BLNGローディングアームERSレトロフィット完成(旧:TEN)
1989年ボール弁形ERSユニットを開発し、LNGアームに装備し東京ガス㈱へ納入(国内初)
1995年KOREA GASへ世界最大(当時)LNGローディングアームを納入
1998年ISO9001取得(旧:TEN)
国内外において累計5000基のローディングアームを納入
2003年新潟鐵工所より事業譲渡を受け、東京貿易グループ傘下でニイガタ・ローディング・システムズ株式会社創業(旧:TEN)
エネルギー業界向け流体荷役機械の開発・製造・販売・アフターサービスの業務連携を開始
2004年シンコー製LNGターミナルポンプ販売実績300台突破(国内トップシェア)
2005年自社製ERS、油圧カップラ―付LNGローディングアーム設備をサハリンLNGへ納入
2006年東京貿易株式会社は持株会社に移行し、「東京貿易機械株式会社」ならびに「東京貿易金属株式会社」の2社に分割され、「東京貿易機械株式会社」として分社
2007年LNGローディングアーム販売実績、世界64ヵ所のLNG基地に(総数260基)納入を達成
2008年北京駐在員事務所を開設
国内初となるLNG用油圧カップラー付マリンローディングアームの受注に成功
国家備蓄基地としては日本初となる緊急離脱装置付マリンローディングアームを納入
シングルシリンダー式LNG 用緊急離脱装置を開発(旧:TEN)
2012年マレーシア事務所を開設
2015年「東京貿易機械株式会社」を改め「東京貿易マシナリー株式会社」に社名変更
「ニイガタ・ローディング・システムズ株式会社」を改め「東京貿易エンジニアリング株式会社」に社名変更
国内外において累計6,000基のローディングアームを納入
2017年本社を東京都中央区八丁堀より東京都中央区京橋に移転
2018年マレーシア事務所を閉鎖し、シンガポール支店を開設
2019年運搬支援ロボット「CoRoCoシリーズ」を商品化・販売を開始
世界初の液化水素用船陸間移送ローディングアームを開発(旧:TEN)
2020年経済産業省「ゼロエミ・チャレンジ企業」に選定(旧:TEN)
2021年東京貿易マシナリー株式会社と東京貿易エンジニアリング株式会社が合併し、TBグローバルテクノロジーズ株式会社に社名変更